猫,食欲不振

贅沢ねこまんまの口コミではどんな評価?調べてみた!

猫が食欲不振になってしまうのはどうして?原因と対処方法は?


 

猫を飼っている人にとっては、飼っている猫の体調が悪いと心配になりませんか?

 

飼っている猫がいつもと様子が違うと感じる出来事の一つとしては、いつもと食欲が違う、食欲不振が挙げられるのではないでしょうか。

 

いつも沢山の食事を食べていたのに、今日は全然食事を食べないなんてことがあれば、体調が悪いのかと思いますよね。

 

飼っている大事な猫ですから、食欲不振を何とかして治してあげたいもの。

 

そこで、今回は猫の食欲不振についてご紹介していきます。

 

猫が食欲不振になる原因にはどのようなものがあるのか?

では、猫が食欲不振になってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、猫を飼っている人は猫が1歳以上であり、かつ1日以上何も食べなかった時は何かの病気になっているかもしれないと念頭に置いておきましょう。

 

猫にとって嫌いな食感や味

人間と同じように、猫にとっても好みがあります。

 

ですので、猫のためにと思って出した食事でも、飼っている猫にとっては苦手な要素が入っている場合、食べようとしないこともあるようです。

 

猫が与えた食事に飽きてしまう

いつも同じ食事を出していると、健康に良いものでも飽きて食べようとしなくなることがあります。

 

猫が繁殖期に入っている

猫が繁殖期である場合、異性に対する興味の方が、食欲に勝ります。

 

オスの猫であれば人間でいう恋煩い、メスであれば妊娠初期である可能性があるようです。

 

ワクチン接種から時間があまりたっていない

何かしらのワクチン注射をした後であれば、ワクチンによって一時的に食欲が落ちることがあるようです。

 

猫が食欲不振になったら、どのような対処をすればよいのか?

では、猫が食欲不振になった場合の対処方法を確認しておきましょう。

 

出す食事を変えてみる

猫によって食事の好みも違いますので、単純に出した食事が嫌いなだけであれば、食事を変えると食べるようになるかもしれません。

 

猫がいつも同じ食事に飽きている場合も、この方法で対処できるでしょう。

 

メスの繁殖期であれば、不妊手術を行う

メスの繁殖期による食欲不振であるならば、不妊手術を行うことで食欲不振を軽減できるようです。

 

しばらく様子をみてみる

先程ご紹介したように、ワクチンを打ってあまり時間がたっていないことが原因であるならば、少し様子みると徐々に回復してきます。

 

焦らず、落ち着いて様子をみておきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

飼っている猫が食欲不振になると、様子をみるべきか、病院にいくべきか、只々心配になってしまいますよね。

 

事前に猫が食欲不振になる原因や対処方法を知っていることで、猫にとってもつらい状態からできるだけ早く楽にさせてあげることができるかもしれません。

 

なぜ飼っている猫が食欲不振に陥っているのかの原因を知り、いち早く対処してあげましょう!

 

どうしてもわからなければ、飼い主様一人で抱えこまず、専門の獣医の方に相談することをお勧めします!

 

タグ : 

猫の体調、健康のこと

この記事に関連する記事一覧